2013年02月18日

横浜での勉強会

こんにちは。みなさま、お元気ですか?

横浜でも毎月の勉強会が始まりました。

以下に、お知らせします。

こちらは公式ではありませんが、ある方の提案により、

みなが集ってともに学べる場所を創りたいと願う、

有志の方々が集まり、勉強会を始めました。


 ❀知花敏彦 横浜ビデオ勉強会

   時間・場所はこちらグッド(上向き矢印)


どなたでもお気軽にお問い合わせ、ご参加ください。


問い合わせ:学びの会
       090−4407−0861(softbank)
       080−6501−9787(au)
 
よろしくお願いいたします。
posted by 花 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

知花の言葉

*この知花の言葉は文献に残っていくでしょう。


*おそらく私がこの世を去った後、多くの人は目覚めるでしょう!!


*今、こういう話は何千年に一回、何万年に一回しかあなた方、聴けませんよ。


*『すべての人間に神が示される時が来るであろう』と。今がその時なんです。


*知花が今、世を去ってもテープとか、本とか、みなさんが残ります。


*世界中に名を響かすだろうと。


知花とか敏彦というのは、影の名前であって、本当の名前は「神」なんですね。
皆さんの本名は「人間」ではなく、「神」なんです。

*「神」と名のつくものは、全ての世界に広められるであろうと・・・

これは、約束いたします。
皆さんも、本名で、本心で自分を見つめ続けていくように努力していただきたいと思います。
posted by 花 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 知花の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知花敏彦氏 インタビューより

Q.テロ事件などの世界情勢諸問題についてどう思われますか?

A.テロの巻き添えになり、犠牲となった人達がたくさんいますが、偶然に偶発的にそれは起こるものではないのです。偶然に犠牲になる人はいないのです。
また、一応そこまでは行ったけれど忘れ物をしたとか、事件に遭遇せず免れた人達もいる。
そういった事を含めて、みな偶然として片付けますが、それは決して偶然ではなく必然的に起こることです。
テロといった、そういう現象というのは「現れている像」であり、目に見える結果です。
神理というのは、その現象を顕している目には見えない本質であり、原因です。

本質の世界からテロを見れば、あくまでも現象化されたドラマとしかいいようがないのです。



全て必然――

例えば、あなたは今の仕事をしているから、学んでいるのであって、そうでなければ学んでいないでしょう。そういうことを考えると、自由意思で選んだかもしれないけれども、選択は間違っていたかということ。物を取るか、真理を取るか、それを選んだのは本人だから。

Q.逃げようとする心がある時は、やはり苦しいですね。

A.「たとえ十字架であろうと、逃げてはならない」と書いてあるのは、その意味なのです。どういう試練からも逃げてはならない。勝ったわけではないから、またいつか別の方法で襲い掛かってくる。全て必然であって、偶然なるものはない。偶然があるならば、法則がないということですよ、
今日ここで集って話すのも、聴いてるのも、学ぶのも偶然ではないですよ。



そうです、赦しでもあるしね、他人はいないということ。自/他がないのだから、「人」になしていることは全部自分になしていること。人を良くするということは、己を良くすること。人を憎むことは、己を憎むこと。自分を憎みたくなかったら、人を憎まないことです。人を憎むものは、必ず憎まれます。人の悪口を言うものは、必ず悪口を言われます。

奥様:自分だったらと考えると、人を非難したり悪口を言うことができなくなってしまいます。

Q.『この世はドラマ』とおっしゃるように、いろいろな教訓がありますね。

A.全部学校ですよ。この人は学んでいるのか、私はよく見ているんですよ。今やっていることを見れば、その人の未来がわかりますよ。日にちが過ぎるのが早いのと一緒で、今は早いこと。ドラマが次から次へ、走馬灯のごとく出てくるから。ずっと同じところに止まっている映画はないので、今は、早送りしているようなものではないの。一年と言うのはそれほど早いよね。・・・
posted by 花 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

エネルギー

じゃ、ここにもし体調を崩した人がおったら、今日健康に

なってください。

誰があなたを、癒すんですか?

じゃ癒す「力」は、誰が持っているの?

この肉という「物質」を、「霊」と言う力で満たせばいい・

満たす方法を教えましょうか?― 「一体感ですよ」。


あなたは、「不安と恐怖から解放されたいならば、御霊に生きることですよ!」

自分を霊と言う天にとどめ置くことなんですよ。

あなたは、偽物の物質、という自分を、自分だと盲信狂信

する限り、毎日不安と恐怖におびえなければならない・

その霊というエネルギーには、「生・老・病・死」という四苦は?

エネルギーは年を取らない!永遠の若さです。

霊的年齢ってありますか? (な い)

じゃあなたはいくつになったって、何を言ってるの?

霊の世界には年齢がないわけですから、いくつになった霊

なんてない。(0歳、無限)

じゃ、私の中におる霊と、みなさんの中におる霊とは、異なる

んですか?

じゃ、同じ年じゃないの?なんで?

永遠の若さだからですよ。

だから、霊の世界には生老病死という四苦はない。

そこは、「極楽浄土」じゃないでしょうか?ね。

恐怖のある世界?、無恐怖の世界?

ということは、「極楽浄土」ですね!


この肉の世界、物質の世界は、戦争と、殺し合いと、泥棒が

入り乱れている。霊の世界には泥棒は?、戦争は?、ない。

何があるの?―「平和」があるだけ・

霊の世界にはですね、津波もない、地震もない、暴風もない。



どうでしょう?その方がいいんじゃない?

もうやがて東海地震がやってきますよーと。(???)

どこに生きているんでしょう?ん?!

この物質の世界を「天国」と言うんでしょうか、「地獄」と言うんでしょうか?
posted by 花 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気はない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

苦しきもの幸いなり

しかし、皆さん方に言いたい。みなさんはなぜここに集って、話を聞くことができるか、

あなたの環境が恵まれているからです。聞く状態に為されているからなんです。

だから、あるものは悩み、精神的な悩み。あるものは経済的な悩み。

あるものは色々の悩みを抱えている。その悩みがあなたを、この「神理」を追及

させているんじゃないでしょうか?

この世のもので満足しているものは、ここには来ません!

来るはずがない!必要と、求めてないからですよ。

皆さん方は、何かこの世のものに、物足りない。その化け学や物理に満足してない。

その背後に何かがあると思っているから、ここに勉強しに来るんじゃないでしょうか?



だから、皆さん方は、ゆっくりする暇はないってことなんです。もう一度言います。

あなたはこの世界を理解できたら、一切の悩み、一切の苦しみ、一切のものから

開放されるだろう。

なぜ、本質の世界には、悩み苦しみは、あ?

あなた方の悩み苦しみは、この人間として、個人として生きる結果が、

悩みであり、苦しみであり、病なんです。

全てのものから解放されたいなら、その影響を受けない、「愛」の世界に

自分を留め置かねばならない。


posted by 花 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 苦しきものは幸いなり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吾は?

吾は、? ―― 「愛」なりです。愛は全ての原因となっています。

原因なき、「愛」と言う原因なくして、人間と言う「形」、結果はないということも

ご理解いただきたい。吾は、?―「愛」なり。

略〜

吾は、この世の手の届かない処にとどめ置いたのであると・・

どこにとどめ置くんでしょうか?物質の世界ですか、「天」にですか?

「愛」の王国、その世界に自分を留め置いたならば、
 
この世のものの影響を受け合うことはない!

そうすると、この世の悩み苦しみはあなたのものではない。

留め置くか留め置かないかは、誰次第ですか?

あなたを人間として、個人として留め置くのか、永遠なる「愛」に目覚めるか。

どっちですか。ここは「愛」の王国、「天国」であります。

あなたは、「人間」として、「個人」として生きているなら、即地獄です。

人間と言う地獄、個人という地獄は、自ら作った自らの地獄と。

あなたが、
人間と言う地獄、個人という地獄をつくっていようとも、

あなたの本質においては無限なる「愛」であると・

絶対なる愛であるということに、確信をもって進んでいただきたい。


posted by 花 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。