2012年02月08日

2001.5.28 北海道(然別湖A) 抜粋「塩」

2001.5.28 北海道(然別湖②) 抜粋「塩

【◎・昔のお味噌汁というものは放射能でさえも防いだんですよ。広島では被爆していないグループがあった。そこは病院で何を飲ましていました?…お味噌汁ですね。味噌は塩の塊のようなものですから、(*自然塩は)その被爆でさえも防ぐ効力を持ってるってことですよ。それを味噌のせいにしているだけなんですよ。

◆バランスの崩れた塩なんて食えば食うほど体調はおかしくなりますよ。バランスが取れてる塩なら体調はよくなるけれどもバランスの取れてない塩なんてあなたを破壊しますよ殺しますよってことです。だから、塩分を取り過ぎてはいけないと言う訳ですよ。しかし、自然塩なら取り過ぎるということはない訳です。だから、お塩だけは選びましょう!】


76:塩というものは中和剤。だから塩がなければ物は調和できない。塩というものは化学的には結んではいけない物同志が仲良くやってるんです。塩の中では。もう本当はそういう存在は有り得ないぐらいの敵対同志でも仲良くやっているのが塩の結晶なんです。しかも、それが上手く結びついて調和されて。

  だから、本来は悪いものに塩をまくという習慣がございますけれども、悪いものを追い払うという意味じゃないんです。調和するという意味なんですよ。お祓いじゃないんですよ。中和剤ですから、お祓いである筈がないんですね。


  じゃ、お塩がなくては皆さん方は食事はできませんよね。味付けは何でやります?…塩ですよね。中和剤ですから酸っぱいものとか甘味のないスイカなんてお塩をかけるとどうなります?…(甘くなります)。あっ!そう。


●それはね、聖書にもこう書いてあるんですよ。世の何になりなさいと書いてある?…(塩となりなさい)。塩は何とでも調和するので塩のように…私たちはみんな仲良くやりなさいと。だから、塩というものは縁起物ですよ。何とでも調和しますから。


だから、あなたも何とでもいい人とも悪い人とも調和されてるなら世の塩となるんですよ。(略)『世の塩となりなさい』というのはその意味なんですよ。愛でありなさい、調和でありなさい、という意味なんですよ。

魔物をお祓いするというもんじゃないんですよ、塩をまくというのは。調和しなさいという意味であって悪い物をお祓いしなさいという意味じゃないんですよ。


  だから、皆さん方の本当の健康にも塩というのは不可欠なものなんですよ。塩を、もちろん、取り過ぎでもいけない。何で取り過ぎてはいけないかというと日本の塩に対しての判断基準、化学基準が非常に間違っている(*から)。99.99%が(塩化)ナトリウムという。どこで誰が決めたか解らないのに、それが塩だと嘘をつくようになったんですよ。

昔の海塩、海の海水から取る塩はそんなものじゃないんですよ自然塩ですから。自然塩をみんな馬鹿げた塩にしてしまってナトリウム99.99%という基準を設けたんですね。だから世の中をみんな破壊しまいますよと、そのナトリウムで。

じゃ、自然塩と今の政府が基準している塩とどっちがいいの?。

◆今の塩を食べると死にますよってことなんですよ。現に病気になってるんじゃないですか!今の塩を食うことによってなってますよね!

◆塩が狂ったおかげで世の中に病気が流行った。病気が流行ったお陰で医者が儲けたということだけなんですよ。意味解りますか?それは塩が欠点(*欠陥塩)なんですよ…解りますか?

  塩分を取り過ぎてはいけない。何を取り過ぎてはいけない…当たり前じゃないの、90何%もナトリウムですから…そんなバランスの崩れた塩なんて食えば食うほど体調は?…(おかしくなりますよ)。バランスが取れてる塩なら体調はよくなるけれどもバランスの取れてない塩なんてあなたを破壊しますよ殺しますよってことです。

だから、塩分を取り過ぎてはいけないと言う訳ですよ。しかし、自然塩なら取り過ぎるということはない訳です。だから、お塩だけは選びましょう。もうそろそろ塩も自由化になりましたのでいい塩を私たちはいただくことです。



・皆さん方、お味噌汁とか言いますけれども、お味噌汁というのは塩分が入ってるから(お味噌汁)なんですよ。昔のお味噌汁というものは放射能でさえも防いだんですよ。

広島では被爆していないグループがあった。そこは病院で何を飲ましていました?…お味噌汁ですね。その被爆でさえも防ぐ効力を持ってるってことですよ。その当時、不自然な塩だったんでしょうか?自然塩だったと思いますでしょうか?…自然塩だったということですよ。それを、お味噌のせいにしているだけなんですよ。味噌は塩の塊のようなものですから。わかりますね!


  だから、そういう我々はものの考え方、基準というものも間違ってはなりません。もし、このお塩の話をするならば一時間や二時間では終わりません。どういう働きをして、どういうものが人体に影響をおよぼしてるかということを本当は詳しく説明していかねばならないんだけれども、今日はもうこれにて終わらしていただきます。

posted by 花 at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

2001.5.28 北海道(然別湖A) 抜粋「塩」

2001.5.28 北海道(然別湖A) 抜粋「塩」

【◎・昔のお味噌汁というものは放射能でさえも防いだんですよ。広島では被爆していないグループがあった。そこは病院で何を飲ましていました?…お味噌汁ですね。味噌は塩の塊のようなものですから、(*自然塩は)その被爆でさえも防ぐ効力を持ってるってことですよ。それを味噌のせいにしているだけなんですよ。

◆バランスの崩れた塩なんて食えば食うほど体調はおかしくなりますよ。バランスが取れてる塩なら体調はよくなるけれどもバランスの取れてない塩なんてあなたを破壊しますよ殺しますよってことです。だから、塩分を取り過ぎてはいけないと言う訳ですよ。しかし、自然塩なら取り過ぎるということはない訳です。だから、お塩だけは選びましょう!】


76:塩というものは中和剤。だから塩がなければ物は調和できない。塩というものは化学的には結んではいけない物同志が仲良くやってるんです。塩の中では。もう本当はそういう存在は有り得ないぐらいの敵対同志でも仲良くやっているのが塩の結晶なんです。しかも、それが上手く結びついて調和されて。

だから、本来は悪いものに塩をまくという習慣がございますけれども、悪いものを追い払うという意味じゃないんです。調和するという意味なんですよ。お祓いじゃないんですよ。中和剤ですから、お祓いである筈がないんですね。


じゃ、お塩がなくては皆さん方は食事はできませんよね。味付けは何でやります?…塩ですよね。中和剤ですから酸っぱいものとか甘味のないスイカなんてお塩をかけるとどうなります?…(甘くなります)。あっ!そう。
●それはね、聖書にもこう書いてあるんですよ。世の何になりなさいと書いてある?…(塩となりなさい)。塩は何とでも調和するので塩のように…私たちはみんな仲良くやりなさいと。だから、塩というものは縁起物ですよ。何とでも調和しますから。

だから、あなたも何とでもいい人とも悪い人とも調和されてるなら世の塩となるんですよ。(略)『世の塩となりなさい』というのはその意味なんですよ。愛でありなさい、調和でありなさい、という意味なんですよ。

魔物をお祓いするというもんじゃないんですよ、塩をまくというのは。調和しなさいという意味であって悪い物をお祓いしなさいという意味じゃないんですよ。


だから、皆さん方の本当の健康にも塩というのは不可欠なものなんですよ。塩を、もちろん、取り過ぎでもいけない。何で取り過ぎてはいけないかというと日本の塩に対しての判断基準、化学基準が非常に間違っている(*から)。99.99%が(塩化)ナトリウムという。どこで誰が決めたか解らないのに、それが塩だと嘘をつくようになったんですよ。

昔の海塩、海の海水から取る塩はそんなものじゃないんですよ自然塩ですから。自然塩をみんな馬鹿げた塩にしてしまってナトリウム99.99%という基準を設けたんですね。だから世の中をみんな破壊しまいますよと、そのナトリウムで。

じゃ、自然塩と今の政府が基準している塩とどっちがいいの?。

◆今の塩を食べると死にますよってことなんですよ。現に病気になってるんじゃないですか!今の塩を食うことによってなってますよね!

◆塩が狂ったおかげで世の中に病気が流行った。病気が流行ったお陰で医者が儲けたということだけなんですよ。意味解りますか?それは塩が欠点(*欠陥塩)なんですよ…解りますか?

塩分を取り過ぎてはいけない。何を取り過ぎてはいけない…当たり前じゃないの、90何%もナトリウムですから…そんなバランスの崩れた塩なんて食えば食うほど体調は?…(おかしくなりますよ)。バランスが取れてる塩なら体調はよくなるけれどもバランスの取れてない塩なんてあなたを破壊しますよ殺しますよってことです。だから、塩分を取り過ぎてはいけないと言う訳ですよ。しかし、自然塩なら取り過ぎるということはない訳です。だから、お塩だけは選びましょう。もうそろそろ塩も自由化になりましたのでいい塩を私たちはいただくことです。


・皆さん方、お味噌汁とか言いますけれども、お味噌汁というのは塩分が入ってるから(お味噌汁)なんですよ。昔のお味噌汁というものは放射能でさえも防いだんですよ。

広島では被爆していないグループがあった。そこは病院で何を飲ましていました?…お味噌汁ですね。その被爆でさえも防ぐ効力を持ってるってことですよ。その当時、不自然な塩だったんでしょうか?自然塩だったと思いますでしょうか?…自然塩だったということですよ。それを、お味噌のせいにしているだけなんですよ。味噌は塩の塊のようなものですから。わかりますね!


だから、そういう我々はものの考え方、基準というものも間違ってはなりません。もし、このお塩の話をするならば一時間や二時間では終わりません。どういう働きをして、どういうものが人体に影響をおよぼしてるかということを本当は詳しく説明していかねばならないんだけれども、今日はもうこれにて終わらしていただきます。


posted by 花 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。