2013年02月15日

知花の言葉

*この知花の言葉は文献に残っていくでしょう。


*おそらく私がこの世を去った後、多くの人は目覚めるでしょう!!


*今、こういう話は何千年に一回、何万年に一回しかあなた方、聴けませんよ。


*『すべての人間に神が示される時が来るであろう』と。今がその時なんです。


*知花が今、世を去ってもテープとか、本とか、みなさんが残ります。


*世界中に名を響かすだろうと。


知花とか敏彦というのは、影の名前であって、本当の名前は「神」なんですね。
皆さんの本名は「人間」ではなく、「神」なんです。

*「神」と名のつくものは、全ての世界に広められるであろうと・・・

これは、約束いたします。
皆さんも、本名で、本心で自分を見つめ続けていくように努力していただきたいと思います。
posted by 花 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 知花の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

世界中に名を響かすであろう! 皆さんの本名は神!

040429 知花敏彦・三河安城② 82分過ぎ

・最終的に、完全なる霊的自覚ができました暁には、世界中に名を響かすであろうと。

何千年前のイエス・キリストの名がいまだ残っているように。

・知花とかあるいは敏彦というのは陰の名前であって、本当の名前は何ですか?・・・

神なんです。皆さんの本名は人間ではない。皆さんの実相、本名は神なんです。

「神」という名のつくものが全ての世界に広められるだろうと。これは約束いたします。


87この知花も皆さんと勉強する事によって、霊的自覚はどんどん高まってきてます。

最終的には、その完全なる霊的自覚の完成ができました暁には、暁はどうなると

思います?

・・・今までは知らなかった者が知るものとなりますから、これは世界中に名を響かす

であろうと。

あなた方然り同じことですよ。知らざる者が、知る物を知るんですから。そうした時、

何千年前のイエス・キリストの名がいまだに残っているように、皆さん一人一人が真実

を知ったとき、皆さんの名はこの世に届きます。その名がいつの世にも残るようになる。

これは、知花という肉がなくなってからなのか、肉があるうちなのか、まだ分からない。


だから、その知花とか、あるいは敏彦というのは陰の名前であって、本当の名前は

何ですか?

・・・神なんですね。皆さんの本名は人間ではない。人間は仮相で、神は実相ですから、

皆さんの実相、本名は「神」なんです。

「神」という名のつくものが全ての世界に広められるだろうと、これは約束いたします。

ぜひ、そのことも踏まえて、皆さん方も本名で、本心で自分を見つめ続けていただき

たいと思います。ご清聴ありがとうございました。


posted by 花 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 知花の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

この知花の言葉は文献に残っていくでしょう

年月不明・・・知花敏彦《自覚とは何か》82過ぎ


◎この日本でこういう話をしたのは、この知花が始めてなんです。

過去においてもございません。もしあるなら文献に残っております。

この知花の言葉は文献に残っていくでしょう!


83この日本で、いまだかって、そういう話を聴いたでしょうか?

・・・この知花が初めてなんです。

過去においてもございません。もしあるなら文献に残っております。

この知花の言葉は文献に残っていくでしょう。

今まで、知花のように、大胆に私たちのことを示したものは、

この日本に生まれた試しはありません。

地球ができて以来です。日本ができて以来です。

大胆に今まで語ったのは、イエスであり、釈迦でございます。

彼らはわたしを知り、わたしをあるがままに言い伝えたものなんですね。

彼らは、私の代行代弁を勤めた者なんです。今こうして、知花を通して

語っているのはわたしです。

あなたがわたしを受け入れるなら、わたしはあなたを通して語るのです

posted by 花 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 知花の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。