2012年06月07日

吾は?

吾は、? ―― 「愛」なりです。愛は全ての原因となっています。

原因なき、「愛」と言う原因なくして、人間と言う「形」、結果はないということも

ご理解いただきたい。吾は、?―「愛」なり。

略〜

吾は、この世の手の届かない処にとどめ置いたのであると・・

どこにとどめ置くんでしょうか?物質の世界ですか、「天」にですか?

「愛」の王国、その世界に自分を留め置いたならば、
 
この世のものの影響を受け合うことはない!

そうすると、この世の悩み苦しみはあなたのものではない。

留め置くか留め置かないかは、誰次第ですか?

あなたを人間として、個人として留め置くのか、永遠なる「愛」に目覚めるか。

どっちですか。ここは「愛」の王国、「天国」であります。

あなたは、「人間」として、「個人」として生きているなら、即地獄です。

人間と言う地獄、個人という地獄は、自ら作った自らの地獄と。

あなたが、
人間と言う地獄、個人という地獄をつくっていようとも、

あなたの本質においては無限なる「愛」であると・

絶対なる愛であるということに、確信をもって進んでいただきたい。


posted by 花 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

愛−神の御計画

知花敏彦講演集92-2-15「愛は全存在の本源にて本質」抜粋 (全54分の50〜54分)

★53今後どうなるか詮索する必要はありません。それは自我ではどうすることもできません。
ちゃんと神の御計画に基づいて行なわれている、神のなせるがままです。
 あえて心配する 必要はありません。

★53あなたがそういう世界の動きを心配したところで何もできません。そんなことを考えるより、
もっともっと神理(*=真理)の実感が出来る時間にあてていただきたいと思います。
………………………

●50: 神の愛には時空間はないですね。無限大で普遍大ですね。

その愛を我々は知って使ってそのものなるということが大切かと思いますね。

なんとも言えない気持ちになるんですよ。ネ!

 *付記:本講話の冒頭1分半あたりでこう述べておられます。

『私たちは愛について非常に誤解し、非常に浅く考えている。

愛とは本源であるエネルギーと本質である質料とのバランスのこと。

全てのものは愛でもって存在している。この宇宙には愛以外に何もない』と。

だから、今、この知花が皆さん方を見た状態、形として見た状態じゃなくてネ、

愛として観るようにしているんですね。そうするとネ ぱぁ〜っと私に入ってくるものが

あるんですね。

で、皆さんが私の中に入って来るし、私が皆さんの中に居る、ネ、気持ち、

それが本当の意味での一体感、分離感のない状態というのを実感できる訳です。

その実感が悟りなんですよ。

実感が出来なかったらまだ表面にいるんですよ。わかりますね。実際に愛を実感し

ていきましょうょうや。

だから、知識じゃないということが分かるんですね。実際に食べること。

そのものに、実際に食べるということは実際にそのものであるということ。

わかりますね。そのものであるということを知る。知識で知るだけじゃないんです。

まず、そのものであるということを実感することが大切かと思いますね。


●51:47 ま、そういうことで、我々は本当にこの今年という今年は実践の年だという

ことがわかる。その中でいろいろの今までの誤った状態が全部噴き出てきます。

両極端になります。いい事と悪い事と。で、国際的なこの金銭的な変化、天変地異

的なものが、今までこの病気だったウミが一度に再発してきます。誤った状態の、

ネ、ウミが出て来るんですね。で、本物が現われると偽物の方も浮き出てきます。

表面化してきます。今までは隠しておったけれどもネ。

52 今、日本で、昨年から今年にかけてどんどんウミが出てきますね。政治的ウミ、

経済的ウミ、あるいは個人的なものもウミがどんどん出て来ますね。日本だけじゃ

ありませんよね。アメリカにおいてもソ連においても何処の国においても、今大変な

変化が起こっていますね。起こっていませんか? 

だから、出るべきものは出なければならないですね。出なければならない。

そのウミが出ると、汚いし、痛いですね。痛さも感じるだろうということですよ。

53 だから今、今後どうなるかという詮索する必要はありません。それは、ちゃんと

神の御計画に基づいて行なわれていると、いうことを… 皆さん方は自我でどうする

こともできないでしょ、ネ、神のなせるがままですよね。だから、あえて心配する必要

はありませんよ、自我では。あなたがそういう世界の動きを心配したところで何が

できるの?…何もできませんね! そんなことを考えるよりは、我々は もっともっと

神理(*真理)の実感が出来る時間にあてていただきたいと思いますね。

ま、今日は愛は全存在の本源にて本質であると。まぁ、いつも毎日同じようなことを

述べているようですけれども、あなた方がそのものに到達するまでは言い続けます。
じゃ、今日はこれにて終わらしていただきます。ありがとうございました。54分25秒

posted by 花 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。