2011年04月25日

サイババの物質化(奇跡)

*雑感

サイババさんはインドの霊的指導者で、信者が病気になったり、亡くなったりするカルマの時、

それを引き受け、身代わりになるということを、過去にもよくやっていたそうです。

(今回は、月歴で換算するとちょうど予定通り94歳かそのぐらいになるようです。)


「わたしは、永遠の真我(生命)なので、この肉体がどうなろうと影響はない。この肉体は、

あなたたち信者のものだから、好きなように(満足いくように)治療しなさい。」と言っていたようです。
(⇒愛の実践として)

まことに、そのとうりだと思います。

知花先生も、よく、「”わたし”が死ぬということを本気で言ってる人もいるが、

それは、肉的私のことで、本当の真我である”わたし”は永遠だから、死なないんだよ」

と言っていたし、「それは、すべての人にあてはまることです」

        「生命は、永遠ですから」、「肉体は無常です」と言ってました。


*事実、氏ご自身も、2000年時点で肉体離脱をされ(その後も何回か)、再びかえってくる

という体験をされています。

その時、何週間か(何日間か?)、病院のベッドに人工呼吸器でつながり、

危篤→仮死状態になりましたが、いったん医者に「死亡しました。」と判断された後に、

またよみがえるという体験をされています。


体験談は⇒黄泉がえりへ!


posted by 花 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サイババ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイババの使命

*記憶より

サイババさんという方が、インドにいますが、

それぞれ、使命があるのです。

わたしは、講話をして、皆さんの理解力を上げて、

天という高い意識の世界があるよと、示す使命。(リーディング)

サイババ先生は、こういう物質世界に、ものを顕現して

物質化して、高い世界から波動を落として、こういうことが

できますよ、と見せる使命。どちらも大切な使命・役割があるのです。


posted by 花 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サイババ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。