2013年03月26日

霊性進化 93.3.4 

霊性進化 より

わたしの本は売れないですよ。読んでも、理解ができないもんですから。

熟した魂だけが集まりますね。

幽界とか好きな人はついてこれないですね。

知花の話は、高くて解らないと、よく言われますね。高すぎると。

だから、わたしはあえて低い話をする必要がないんですよ。

みなさん一人一人が、そういう人材を多くつくるためにはどうすればいいかと。

あなた方の役目だと思うんですよ。

あなた方が、神霊に意識を向けている時、この人間は何波動を出します。?

神霊の波動を出しますよ。波長が合うわけです、チャンネルが合うわけですから。

神に意識を向けてる時は、神の波動ですよ。

幽界に意識を向けてる時は、幽界の波動ですよ。

物質に意識を向けてる時は、低い波動を持ってるわけですよ。

波動が高いか、低いかと言うのはこれで決まるんですよ。 以下、全ては一つで
 
posted by 花 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 真の教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

神(火水)とは何か

神とは姿・形なき、無形無双の宇宙エネルギーなんですよ。

それをいつのまにか、イエスが神よ、日蓮が神よ、お釈迦が神よとウソをつく宗教家が出回っただけなんです。

エネルギーの存在しないところはない。
あなたのまつ毛1本目にも、この生命というエネルギーは宿ってなければならない。

なぜ? 生命というエネルギーには、時空間は・・・ない。
生命というエネルギーは、時間も時計、空間も霧、距離も飛行機、超越して存在していると。

普遍的生命であると。
宇宙生命、無限生命であると。

しかしあなた方には、人間とか、物体とか、個人とか、この偽物を見て、これを「私」とウソをつく癖がある。
その癖を、叩き直さねばならない。 汝、ウソつくなかれ。

この人間とか、肉体とか、個人というのは本当の自分なのか、偽りの自分なのか。
これを、「偽我」と書きます。「ギガ」というのは、偽物と書くんですよ。
生命のことを、「神我」と言いますね。我?・・・(  )

わたしは生命だという人と、私は人間だという人と、どちらが本当のことを言っているんですか?

本当のあなたは、血や肉・人間じゃないんです。生命そのものなんです。エネルギーそのものなんです。

そのエネルギーは絶対に減りません。

この肉体という物体、肉体という器には年齢がありますけれども、生命というエネルギーには年齢がない。
生命というエネルギーは永遠の若さでございます。

肉体年齢を数えて、もう私はいくつになったというのは、肉体を自分だと思っている人の話なんです。

あなたとわたしは同じ年なんです。
生命の世界には、あなたの年、私の年はないから、、あなた、わたしはないからです・・・自他がないということなんです。
いくつあるの、生命には?
全一の生命なんです。
略〜

posted by 花 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

微生物・・・光

2001−3−20 大阪 知花敏彦 (全131分ラスト)

◎例えば、放射能でも何でもですね、そういう光で分解ができるのです。
ダイオキシンもしかりそのとおり。

植物には、光・光合成と言って、光・光合成菌という光に反応する
微生物も存在しているんです。
それを多くもっているのは、多く分解力を持っているんですよ。

だから、向日葵(ひまわり=日回り)と言うものは・・・なぜ、ひまわりは太陽を追うんですか?・・・
その中にはですね、ひかり光合菌がいっぱい棲んでいるんです。
それが原子細胞ですから、光細胞は原子細胞ですから、それがですね、放射能を分解する能力を持っているんですね。

だから、ロシアのチェルノブイリの放射能を、ひまわりを植えたら放射能がゼロになったという報告もあるわけですよ。
しかし、その放射能はひまわりが吸収して、ある程度分解されてますけれども、まだまだ、ひまわりの中には放射能が、ある程度残ってるわけですね。
それを、焼却して、またひまわりに類するもの(=微生物)を混ぜて分解すると、放射能がゼロになるんですよ。意味わかりますね。

それは、陰子が働いているのじゃなくて、陽子である光分子が働いているわけです。光分子が・・・。

ものには陰子という電子と、原子という光細胞があるわけですから、その働きによってこういう色の世界が、今後、世の中に誕生してくるであろうということであります。
posted by 花 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 微生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。