2012年02月09日

大嘗祭=大乗祭?

天皇家では大嘗祭というのがあります。

大嘗祭というのは、明想のことなんですね。

内観のことなんです。

大嘗祭とは、この肉と大愛との一体感が大嘗祭なんですね。

ある明想の場があって、そこに入られて、天照大神との一体感。

天皇は、そうすることによって国を治める英知を得られたんですよ!

わかりますね。

みなさん、「この話を聴きながらでも、身の毛もよだつ思い。

ゾーっするというか、そういう境地になります。それはひかりなんですね。」

posted by 花 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 天照大神とは何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカー天皇家ーシナリオ

『天照大神とは』・・・より引用 (1997.07.28)

で、一番面白いのは、アメリカの大陸ができた状態から、そして、一代大統領

から、
アイゼンハワーから、ワシントンから全部勢ぞろいして、全部アメリカを

支配していく
その世の流れというものまで見せてもらいました。


で、日本の天皇家が、どういう天皇が最初にいて、こういう状態に、日本という

国が
できあがったと、そして、何年ごろにこういう人が生まれて、日本の政治を

変えていった、
そして、経済を盛り立てていったとかね、、


こういうこと見せて頂いた時に、学校で学ばないもの全て、もう過去さかのぼっ

全て見せられたわけですから。それは、もう皆さんの想像を絶することだと

思いますよ。


posted by 花 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 天照大神とは何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英知は光・・・ 「この世は心の鏡」


――全て見せられたわけですから。それは、みなさんの想像を絶することだと

思いますよ。


これが、英知の世界なんだなと。その知恵というのは、失せるものではなくて、

永遠に続いているものだと思ったんですね。

これが、無限の知恵であったと・・知恵の泉も、力の泉も、光の泉も、

自分の思い次第で、いくらでも、外側の世界に現れていくものであると・・

いうことが分かったんですよ。

それは、おとぎ話に聞こえるんですけれども、

みなさんの今、物事を考えたり、話したりしているのが、おとぎ話なんですよ!。

本来はないんですよ。だから、人生ってドラマなんだなと。

あなたの、人間という前提、形という前提で考えていること全て,ドラマなんです。

シナリオなんです。

それと、思っているとおりの行動起こしているのが、その肉という”形”なんですよ。

だから、人間という肉体は心の反映だと、..で、心の悪い人は、悪い人生歩

んでいるんですよ。


心のいい人は、いい人生歩んでいるんだと。その運命を変えるのは、心を変え

ないかぎり、
運命は変わらないということが分かったんですよ。

だから、心清きものは幸いなりと..

どうですか? 心のいい人は悪い運命歩むんですか、良い運命歩むんですか?

じゃ、あなたが運が悪いなら、心を変えるしかないんじゃないですか?

心は原因・シナリオで、肉体はその結果ですね。

そうなれば、いい心をもてば、いい現象が現れるんじゃないかと。

正に、その通りなんですね。いい結果を見るためには、心が清くなければならない。

心が悪しきものになった時、外側の世界には悪しきものが映る。

だから、有名な名言には、「この世はこころの鏡であると」言われた。

ああ、なるほどと。。


『天照大神とは』・・・より引用 (1997.07.28)

posted by 花 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 天照大神とは何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。