2011年04月25日

サイババの物質化(奇跡)

*雑感

サイババさんはインドの霊的指導者で、信者が病気になったり、亡くなったりするカルマの時、

それを引き受け、身代わりになるということを、過去にもよくやっていたそうです。

(今回は、月歴で換算するとちょうど予定通り94歳かそのぐらいになるようです。)


「わたしは、永遠の真我(生命)なので、この肉体がどうなろうと影響はない。この肉体は、

あなたたち信者のものだから、好きなように(満足いくように)治療しなさい。」と言っていたようです。
(⇒愛の実践として)

まことに、そのとうりだと思います。

知花先生も、よく、「”わたし”が死ぬということを本気で言ってる人もいるが、

それは、肉的私のことで、本当の真我である”わたし”は永遠だから、死なないんだよ」

と言っていたし、「それは、すべての人にあてはまることです」

        「生命は、永遠ですから」、「肉体は無常です」と言ってました。


*事実、氏ご自身も、2000年時点で肉体離脱をされ(その後も何回か)、再びかえってくる

という体験をされています。

その時、何週間か(何日間か?)、病院のベッドに人工呼吸器でつながり、

危篤→仮死状態になりましたが、いったん医者に「死亡しました。」と判断された後に、

またよみがえるという体験をされています。


体験談は⇒黄泉がえりへ!


posted by 花 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サイババ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイババの使命

*記憶より

サイババさんという方が、インドにいますが、

それぞれ、使命があるのです。

わたしは、講話をして、皆さんの理解力を上げて、

天という高い意識の世界があるよと、示す使命。(リーディング)

サイババ先生は、こういう物質世界に、ものを顕現して

物質化して、高い世界から波動を落として、こういうことが

できますよ、と見せる使命。どちらも大切な使命・役割があるのです。


posted by 花 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サイババ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

N−S中心磁場、フリーE、永久運動

☆「霊と物質は不可分、なぜ?」 99.4.29 清里より抜粋(その4)



◎ここに、一個の磁石があったとします。

で、必ず磁石には(N)があり、(S)があります。

ここに(N)と(S)があるということは、中心にはですね、必ずまたS場とN場が

あるわけですよ。これが”中心磁場”なんです。

何故かというと、これはN→Sへと回転します。もちろんこれもN→Sへと・・・(図を描いて説明)

       →       →
      ・ ・      ・ ・
   ↑・    ・↓↑・     ・↓
   【(N) ⇒ S|N ⇒ (S)】
    ・     ・ : ・     ・
      ・ ・   :   ・ ・  
            :    
          中心 (光)     

            
で、そこに交わった時点からは、何がでるかというと、(光)がでるんですよ。光が

 だから、ものには必ず左回転と右回転があるんです。

 磁石1個の中には、右回転と左回転があるんですよ。

で、皆さんの肉体という物質は、常に右回転と左回転の磁場をもってる。

でこの磁石というのは、鉄粉を置くと、はっきり動いているのが見えるわけです。

 N→S、 S→N へと

  (N)と(S)というのは、循環して∞(無限)を象徴としているわけです。これは、

 永久運動・永久無休なんです。絶対休むことはない。

だから、磁石1個でもこういうことが起こってるわけですが、

Nは吸引、Sは放射です。地球軸というのも、N極とS極、北と南。

 全部、循環運動がはたらいてるわけです。

真理を学ぶことは、科学を学ぶことなのです。

で、この磁石を遊んでいると、いろいろのことがわかります。


(略)エネルギー、エネルギーと言いますが、

ある鉄の塊にぐるぐる巻きのコイルを巻いて、

ここに電気を流す。こっちもぐるぐる巻きにして、電気を流したと

 すると、ここはNで、この電線のつなぎ方で、両方Nにすることも

 できる。Sにすることもできる。電線のつなぎかたによって。

じゃ、Sがここに2つあるということは、中間にはNが2つあるという

 ことになるんですよ。だから、コイルの巻き方、電気の流し方によって、

中心にNだけを持ってくることもできるし、外側にNだけもってくることもできる。


ここに、コイルの太さで、どっちかを細くすることもできる。

巻き数は、コイルの太さで電流が違いますから、

そうすると、片一方がたとえば50あったとする。もう片一方が20しかなかったと

すると、この50と20はバランスがとれませんので、ものは必ずバランスをとろうとする

働きが本能的にありますから、そうすると、あとの30はどこからか持って来なくちゃならない。

ですから、外部から持ってきて補わないと、50:50になりませんから、

あとの30は、外部から持ってくることになるんですよ。

そうすると、今あった入力のエネルギーも、その30というのは外部から来ましたので、

これはフリーエネルギーとなるわけです。わかりますか?

 使ったエネルギーは70しかないけれど、外部から30加えると?

  100になるわけです。わかりますか?

だから、まだまだ世の中はフリーエネルギーの時代じゃない。

人間はまだ無限のエネルギーを認めてない。フリーエネルギーを認めてない。

エネルギーが有限だと思っている限りは、有限のエネルギーしか使えない。

神様はそんな不自由なものはつくってないんです。

 〜(略)〜

石油なんですか? 原子と電子ですか。

石油というのはないんです。1個の原子に何個の電子がついてるかで決まる。

じゃ、水も? 原子と電子ですね。

 水と石油の違いは、電子の数が違うだけなんです。そうすると、水から石油も可能、

石油→水も可能。それは元素転換・核融合なんです。


ーーーつづくーーー

      


posted by 花 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。