2013年04月26日

日常生活、科学 横浜 ・・・07.2.17

少し説明してくれと言われましたので・・

オリーブのクリームが最近出ていますけれど、これは、非常にキメを細かくしておりますので、アトピーとか皮膚の悪いものに効果的で、浸透性が今までの物以上に強いですから、

その代り、これには乳化剤が入っておりますので、口に入れることはできません。

今までのものは、酸素とラードだけでしたので、口に入れたり、何かに使ってもいいんですけれども、

人間は口に入れる癖がありますので、穴が開いてるから、何でも口に入れる癖がありますので、これだけは口に入れないように、乳化剤が入っていますから。

”乳化剤”は、あまり、いいものではありませんので、これは塗るものであって、食べ物ではありませんと!はっきり申し上げておきます。

知花のつくるものは、食べて良し!つけて良しと!言っておったから、たっぷり食べようと。おそらく下痢しないでしょう。

そういうことも気を付けていただいて、必要な方はスタッフの方に、求めていただきたいと思います。


もうやがて、花粉症の時期に、これは酸素の水に、調合のしかたを変えて、・・

花粉症の人は、まず最初にのどがやられてるんですね。まずうがいしたり、これをシュシュとのどに、

花粉症の人は、鼻だけを治療しようとしますけど、まず喉をうがいして、塩水でもいいし、この水の大きい瓶がありますから、それでうがいしてもいいんですね。

それと目。これは、目に入れても鼻に入れても、口に入れても問題ありませんので、これは飲んでいいんです、口に入れてもいいんですね。

口に入れてはいけないものは、いけないとちゃんと言いますので、

目がしみたり、のどがおかしい、鼻がおかしいという人は、まず使ってみていただければ、

これは100%効くとは言いませんが、使ってみた人は、効かなかったという人はまだいませんので、おそらく


シャンプーの方も近々、中性の洗剤、シャンプー、リンスもph5,5位に調整してひじょうに柔らかい、

食器洗い、お洗濯の方も早めに、世の中の環境を少しでも良くしていく方法を、みなさんと共に協力して「愛」を実践していきたいと思います。

(※物売り、販売ではありませんが、知花氏は少しでもいいものを提供しようと、日夜、開発実験にいそしんでおりました。夢の中でまで、その姿を見せられました。)
posted by 花 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活、科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

霊性進化 93.3.4 

霊性進化 より

わたしの本は売れないですよ。読んでも、理解ができないもんですから。

熟した魂だけが集まりますね。

幽界とか好きな人はついてこれないですね。

知花の話は、高くて解らないと、よく言われますね。高すぎると。

だから、わたしはあえて低い話をする必要がないんですよ。

みなさん一人一人が、そういう人材を多くつくるためにはどうすればいいかと。

あなた方の役目だと思うんですよ。

あなた方が、神霊に意識を向けている時、この人間は何波動を出します。?

神霊の波動を出しますよ。波長が合うわけです、チャンネルが合うわけですから。

神に意識を向けてる時は、神の波動ですよ。

幽界に意識を向けてる時は、幽界の波動ですよ。

物質に意識を向けてる時は、低い波動を持ってるわけですよ。

波動が高いか、低いかと言うのはこれで決まるんですよ。 以下、全ては一つで
 
posted by 花 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 真の教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

神(火水)とは何か

神とは姿・形なき、無形無双の宇宙エネルギーなんですよ。

それをいつのまにか、イエスが神よ、日蓮が神よ、お釈迦が神よとウソをつく宗教家が出回っただけなんです。

エネルギーの存在しないところはない。
あなたのまつ毛1本目にも、この生命というエネルギーは宿ってなければならない。

なぜ? 生命というエネルギーには、時空間は・・・ない。
生命というエネルギーは、時間も時計、空間も霧、距離も飛行機、超越して存在していると。

普遍的生命であると。
宇宙生命、無限生命であると。

しかしあなた方には、人間とか、物体とか、個人とか、この偽物を見て、これを「私」とウソをつく癖がある。
その癖を、叩き直さねばならない。 汝、ウソつくなかれ。

この人間とか、肉体とか、個人というのは本当の自分なのか、偽りの自分なのか。
これを、「偽我」と書きます。「ギガ」というのは、偽物と書くんですよ。
生命のことを、「神我」と言いますね。我?・・・(  )

わたしは生命だという人と、私は人間だという人と、どちらが本当のことを言っているんですか?

本当のあなたは、血や肉・人間じゃないんです。生命そのものなんです。エネルギーそのものなんです。

そのエネルギーは絶対に減りません。

この肉体という物体、肉体という器には年齢がありますけれども、生命というエネルギーには年齢がない。
生命というエネルギーは永遠の若さでございます。

肉体年齢を数えて、もう私はいくつになったというのは、肉体を自分だと思っている人の話なんです。

あなたとわたしは同じ年なんです。
生命の世界には、あなたの年、私の年はないから、、あなた、わたしはないからです・・・自他がないということなんです。
いくつあるの、生命には?
全一の生命なんです。
略〜

posted by 花 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

微生物・・・光

2001−3−20 大阪 知花敏彦 (全131分ラスト)

◎例えば、放射能でも何でもですね、そういう光で分解ができるのです。
ダイオキシンもしかりそのとおり。

植物には、光・光合成と言って、光・光合成菌という光に反応する
微生物も存在しているんです。
それを多くもっているのは、多く分解力を持っているんですよ。

だから、向日葵(ひまわり=日回り)と言うものは・・・なぜ、ひまわりは太陽を追うんですか?・・・
その中にはですね、ひかり光合菌がいっぱい棲んでいるんです。
それが原子細胞ですから、光細胞は原子細胞ですから、それがですね、放射能を分解する能力を持っているんですね。

だから、ロシアのチェルノブイリの放射能を、ひまわりを植えたら放射能がゼロになったという報告もあるわけですよ。
しかし、その放射能はひまわりが吸収して、ある程度分解されてますけれども、まだまだ、ひまわりの中には放射能が、ある程度残ってるわけですね。
それを、焼却して、またひまわりに類するもの(=微生物)を混ぜて分解すると、放射能がゼロになるんですよ。意味わかりますね。

それは、陰子が働いているのじゃなくて、陽子である光分子が働いているわけです。光分子が・・・。

ものには陰子という電子と、原子という光細胞があるわけですから、その働きによってこういう色の世界が、今後、世の中に誕生してくるであろうということであります。
posted by 花 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 微生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

想念波動DVD (知花敏彦 1993.2.3 清里講話)

深い瞑想状態―― (想念波動より)

えーいちばん深い瞑想状態に入るという意味は、これを深い沈黙といいますけれど、そこに一点の形も見えたり考えたりしてるなら深い沈黙じゃないんですよ。
神は無形にして無双ですから、何の形もないんですよ。無限の広がりなんですね。無形無双の宇宙を体験いたします。

あなたが瞑想している五感という肉体を感じてるなら、深い瞑想状態ではありません。
もう肉体を感じなくなって普遍的な大気に融合しますと、そこには無限の広がり、広大な宇宙が存在しています。
そこにはこの小さな偽我というのは存在していません。神一元・神我一元と言う広大な普遍的な自分を体験するんですね。

その時、この三次元という世界から全く解放されているので、この世の思いというのも一点も、頭にも心にもありません。これが深い沈黙なんですね。
この世の思いというのも全く切り離されるんですね。この地球でさえも消え失せますよ。

その時もう、自分も全くきえてなくなって、地球でさえも消えてなくなって、全ての形態がが消えてなくなって、そこには不可視の広大な宇宙が存在してますね。

これを沈黙の力と言いまして・・・その時、七つの霊的中枢から愛光と言って、太陽の何百倍と言う光を放ちます。その時、この世の太陽がお月様みたいに曇って見えます。なぜかと言うとあなたの霊的・宇宙太陽の方が光源を増しているからなんですね・・・

これが中心☉・霊太陽ですから。
霊と言うことは、太陽と言うことなんですよ。太陽神といって・・・
われは世の光りなりと言って・・・その時想像を絶する光が出ますよ。

私はその太陽の世界にいる時は、この世におりません。私は今朝ここに降りてきたようなものなんですよ。ここにくる5分前まで私はその光の世界にいたのです。そして、肉という形の世界を意識した時、私のバイブレーションが下がってここに降りてきたようなものなんです。
外を意識している時は、外におるし、内を意識してる時は内におるのです。

これはどなたでも可能です。ぜひ体験してください。
光りが現れれば、ニセモノは消える。この形と言う偽物はすべて消えてなくなります。ぜひ体得して体感してください。ありがとうございました。   

何回もの繰り返し・・・

悟りは一皮一皮・一段一段です。何回も何回もの繰り返し聴くことによって、少しづつ、一歩づつ歩んでいくんです。あ、この前わからなかったけど、今日は何か一つ気づきがあるなとか。ある日突然に、偶発的に悟るとかいうのはありません。求めて求めて、叩いて叩いて・・一歩一歩です。
焦らずに急ぎなさい―

なぜ、一挙に目覚めることができないかというと、それに耐えられるものはいないからです。一枚一枚玉ねぎの皮をむくように・・・だれが耐えられるの?いっぺんにそれを剥いたら。あなた方の、長年の「人間」という迷妄を一挙に剥いだら誰も耐えられません。 少しづつ、少しづつ・・それがあなた方の為なんです。
posted by 花 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。